くらし情報『ドラマ『コウノドリ』出産育児に理解ない人ばかりで「#うちのインティライミ」論争勃発』

2017年11月17日 18:00

ドラマ『コウノドリ』出産育児に理解ない人ばかりで「#うちのインティライミ」論争勃発

と追い詰める。実母ってこういうこと言うよね。世代が違う女ほど厄介。余計な一言の天才だよ、実母は。

もうひとり。帝王切開でひとり出産した後、ふたりめを出産予定の安めぐみ。「下から産まないと愛情がもてない」というとんでもない妄信に踊らされ、経腟分娩を希望する。その夫を演じたのが前野朋哉。auのCMで一寸法師と言ったら、顔が思い浮かぶかな。

さすがにツイッターで「#うちの前野」とはならなかったが、妻が陣痛で苦しんでいるときに「いつ産まれますか?時間がわかれば。今夜同僚と屋形船なんですよ」と言って、助産師の吉田羊に激しく呆れられたのだった。

その後も、まあ役に立たない感じを好演し、陣痛に苦しむ妻からは「黙ってて!」と言われる始末。

妊娠・出産・育児に関して、非協力・無神経だった夫への恨みは積もり積もっているようだ。たぶん死ぬまで言われ続けることだろう。

■出産と子育てに理想を押し付けてくる人々

コウノドリのもうひとつの特徴は、母になる人への「覚悟の教育」でもある。未受診妊婦や軽挙妄動の妊婦が案外登場する。人手不足の医療現場からすれば、ここは釘をさしておきたいところだろう。

たとえば、第4話で木下優樹菜とパーマ大佐が演じた夫婦は、子どもをNICU(新生児集中治療室)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.