くらし情報『津川雅彦(77)、肺炎で緊急入院していた!』

2017年11月21日 04:00

津川雅彦(77)、肺炎で緊急入院していた!

このことを伝えるために、わざわざ会場までいらっしゃったんでしょう。とても律義で人情味がある方だなと思いました」(同・会の参加者)

会場にいたのはわずか10分ほど。ゆっくりとした足取りだったが、自分の足で歩いて帰りの車に乗り込んだ。

津川には“いつもダンディーで若々しい”というイメージがあったが、かなり前から身体の不調に悩まされていたという。

「40年ほど前に、肺に風船のような大きな嚢ができるという病気にかかったんです。放置しておくと穴があいてしまう危険があるので手術を受けました。それ以来、呼吸器系に不安を抱えながら仕事をしてきたんです」(映画配給会社関係者)

俳優として活躍するだけでなく、マキノ雅弘名義で映画監督も務めるように。

「’09年には『旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ』という作品を製作しました。無理がたたったのか、撮影中に肺炎を発症します。それでも監督だから休むわけにはいかないと、車イスに酸素吸入器を装着しながら、撮影を敢行しました」(同・映画配給会社関係者)

■所属事務所に聞くと

現在の体調について、所属事務所に聞いてみた。

「10月末に肺炎にかかってしまい、しばらく入院していたのですが、元気になったので打ち上げに参加しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.