くらし情報『要チェックの若手俳優、東啓介とは?「30歳までに帝劇の舞台に立つことが目標」』

2017年11月25日 18:00

要チェックの若手俳優、東啓介とは?「30歳までに帝劇の舞台に立つことが目標」

ミュージカル『マタ・ハリ』が来年1月、幕を開ける。日本初演の話題作でヒロインの恋人・アルマンを演じるのは、2・5次元舞台で大人気の若手俳優、東啓介さん。現在、ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』でグランドミュージカル初挑戦中の彼が、さらなる大役に挑む。

要チェックの若手俳優、東啓介とは?「30歳までに帝劇の舞台に立つことが目標」
東啓介撮影/森田晃博■うれしいですけど不安もあります

「『スカーレット・ピンパーネル』もそうなんですけど、こんなにも大きな作品でミュージカル界の先輩方と共演できるっていうのはすごくうれしいですね。それと同時に、こんなに早く決まっちゃっていいのかっていう不安もあります。

特に『マタ・ハリ』は、加藤和樹さんとWキャストということでプレッシャーを感じていますけど、魅力あるアルマンを作りあげていくことができたらと思います。加藤さんは、デビュー作『テニミュ』の先輩でもありますし、ミュージカルでもいろいろな舞台に出演されている方なので、緊張しますね」

女スパイ、マタ・ハリと運命の恋に落ちる青年アルマンとは?

「戦闘機のパイロットで、根はまじめで純粋な男だと思います。上官のラドゥー大佐の命令で、本当はしたくないことをしなくちゃいけないとか複雑な思いを抱えていたりもするので、そこはマタ・ハリとの共通点でもあるんじゃないかな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.