くらし情報『今くるよさん、独身貫きお笑い一筋!相方を失っても “女芸人魂” を次世代へ』

2017年12月27日 18:30

今くるよさん、独身貫きお笑い一筋!相方を失っても “女芸人魂” を次世代へ

と、ヤンキーキャラで売る尼神インターの渚が、笑いを交えながらも、素直に感謝していた。

■ソフトボールで運命の出会い

今くるよさんは京都府京都市生まれ。本名は酒井スエ子。6人きょうだいの末っ子として生まれたので、つけられた名前だという。

「親が年とってから生まれた子どもだったんで面倒を見切れんかったというのもあって、外でずーっと遊んでるやんちゃな子でした。近所にいた年の近い子たち3人と仲よしで、一緒に家の2階から大文字の送り火を見たり、京都で盛んな地蔵盆でお菓子もらうのになんべんも並んだり。今思っても遊んでばっかりの楽しい子ども時代でしたね」

とにかく身体を動かすのが好きで、中学時代からソフトボールを始め、スポーツ推薦を受けて京都明徳高校に入学。そこで、将来の相方となるいくよ(本名・里谷正子)さんと出会った。

「私の場合は、通っていた中学が高校にグラウンドを貸してたから推薦してもらえた気楽な立場でしたが、いくよちゃんはスポーツ万能で中学の全国大会で活躍した期待の花形選手でした」

新入部員は、みんなの道具をリヤカーで運ばなければならず、その当番が一緒で、ふたりは仲よくなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.