くらし情報『今くるよさん、独身貫きお笑い一筋!相方を失っても “女芸人魂” を次世代へ』

2017年12月27日 18:30

今くるよさん、独身貫きお笑い一筋!相方を失っても “女芸人魂” を次世代へ

「いくよちゃんはピッチャーでエース、くるよちゃんはキャッチャーでロース」というのが漫才のネタだが、実際のところは、いくよさんはセンターを守る強打者で1年のときからレギュラーとして活躍。くるよさんは控えのキャッチャーだった。

「私は足が遅くて、外野まで打ち返してもファーストでアウトになる(笑)。いくよちゃんは私が長距離打者になれるように“家で素振りを100回しよう”と提案してくれたんですけど、私が素振りをしたのは3日だけ。いくよちゃんは当時から努力家で、素振りもやり通しました」

2年の秋に、いくよさんはキャプテンになり、くるよさんはマネージャーに転向した。人を笑わせることの楽しさに目覚めたのはこのころ。365日休みなしという厳しい練習の合間、監督やコーチのものまねをしたり、二人羽織をしたりして、空気を和ませるのが役目となっていた。

キャプテンのいくよさんがチームを引っ張り、マネージャーのくるよさんがムードを盛り上げ、結果、チームは全国準優勝を成し遂げた。■鳴かず飛ばずで交通費も稼げず

高校卒業後、いくよさんはスカウトされ実業団ソフトボールチームの期待選手として大阪の保険会社に、くるよさんは地元・京都の電気機器メーカーに就職。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.