くらし情報『井上真央の『明日の約束』が重すぎ!そして “いびつな親子関係” に男不在の違和感』

2017年11月28日 18:00

井上真央の『明日の約束』が重すぎ!そして “いびつな親子関係” に男不在の違和感

微笑みながら後ずさりして、距離を置いていくしかない。これ、子どもには非常に難しいことだが、全力で逃げてほしいと思う。

■自分の思い通りにならないのが許せない女

このドラマにはもうひとりの毒親が登場する。井上の母(手塚理美)は精神的支配と洗脳を繰り返す毒母である。ドラマのタイトル『明日の約束』というのは、井上が幼少期から毎日強いられてきた約束のことである。

ノートには毎日、手塚の支配欲が綴られている。男の子からラブレターをもらったら「いやらしい」となじられ、「女ぶって気持ち悪い」と罵られたり。「言うとおりにしていればいい」と日々地獄の約束をさせられるのだ。

井上は母の支配に怯えるのではなく、諦めの境地に至っている。もちろん嫌気がさして、心理学を専攻してスクールカウンセラーになったわけだが、今でも母と同居を続けている。毒母の支配から卒業できずにいるという状況だ。

うん、重いよね。夜、疲れて帰ってきて、ドラマでこの重みを受けるのは相当キツイんだけど、自分の思い通りにならない女という観点では、オンナアラートが鳴る。

母と娘の間で支配関係が生まれるのは虐待に近いモノがあるけれど、普通に友人関係でも支配したがる女はいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.