くらし情報『『わろてんか』を支える藤井隆、大野拓朗、広瀬アリスらが熱演の裏側をぶっちゃけ!』

2017年12月1日 05:00

『わろてんか』を支える藤井隆、大野拓朗、広瀬アリスらが熱演の裏側をぶっちゃけ!

芸人長屋に引っ越してきたてんと藤吉を親身になって世話をする“おもろない芸人”の万丈目吉蔵(藤井隆)。『風鳥亭』ができるまで芸人としての仕事は、ほとんどなかった……。

「まったくおもしろくない、という彼を演じるのは気が楽です(笑)」(藤井)

唯一(!?)の持ち芸が、後頭部にも面をつけ、ひとりでふたつの役を演じる“うしろ面”。そんな彼に代わって、家計を支えているのが一膳飯屋『万々亭』を切り盛りしている妻・歌子(枝元萌)。舞台を中心に活動している枝元は、『まれ』でケーキ店の常連客役を演じて以来の朝ドラ出演。

「きっつい嫁さんで、とにかくバイオレンス(笑)。でも、夫に対して愛があるからこそ、真剣に怒っているんです」(枝元)

ふたりのケンカは絶えないが、吉蔵の芸より夫婦ゲンカの会話のほうがおもしろいという話も……。

ちょっと地味なのが曲芸師の岩さん。しかし演じている岡大介は、今回が朝ドラ出演9作目という強者。怪力という芸を『風鳥亭』で披露するシーンはいつになる?

忘れていけないのは、『風鳥亭』の前身『鶴亀亭』の席主だった亀井庄助。演じるのは、吉本新喜劇で座長を務める内場勝則。今は愛着のある寄席の行く末を見届けるべく『風鳥亭』で下足番をしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.