くらし情報『赤澤燈×崎山つばさ、『クジ砂』再演で「つばさの存在がもっと大きくなった」』

2017年12月2日 07:00

赤澤燈×崎山つばさ、『クジ砂』再演で「つばさの存在がもっと大きくなった」

史也さんのやり方で、僕らもそれにのっとって考えながらやっていくのが、『クジ砂』ならでは。

赤澤少年少女たちの物語なんだけど、生と死がテーマになっていたりもするので意外に重いんですけど、原作も素敵な話なので。

崎山僕らが何を伝えたいのかを本気で考えなければいけない作品だと思って、やってましたね。

──それぞれの役を再演でどう深めたいですか?

崎山初演ではスオウの性格とか思いとか信念を大事にしてたんですけど。大切に思っている“泥クジラ”の民が亡くなってしまうことに対してのやるせない気持ちとか、何もできなかったという悲観的な部分を担当することが多くて。そこに重きを置いた感情のほうが強かったので。今回は単純に人が亡くなってしまって悲しいとかじゃなくて、もっと深いところを稽古(けいこ)をしていくなかで緻密(ちみつ)に作っていけたらと思います。

赤澤初演は、チャクロが大切な人の死を乗り越えて成長していく過程を表現しながら、自分も一緒に成長していければいいなと思って演じていました。今回は再演をやる意味を考えると、僕らもだんだん大人になってきたので、新しいアプローチをしていきたいですね。

■「お互い頼りにしてる、いい関係だね(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.