くらし情報『赤澤燈×崎山つばさ、『クジ砂』再演で「つばさの存在がもっと大きくなった」』

2017年12月2日 07:00

赤澤燈×崎山つばさ、『クジ砂』再演で「つばさの存在がもっと大きくなった」

──ふたりが親しくなったのは今作の初演から?

赤澤だってそれまで同い年っていうのも知らなかったし(笑)。同い年の役者に会うとけっこううれしくて、初演で稽古に入ったときも、それだけで拠(よ)りどころではありましたね。もちろん作品を作っていくうえでも。つばさはふわふわして見えるけどすごくまじめで頼りになるし、僕、まじめな人が好きなんで(笑)。それが再演をやるってなって、つばさの存在がもっと大きくなってるのに気づいて。再演のキャストが決まったときも、すぐLINEしたし。ふだんは、あんまりそういうことしないんですけど。

崎山いや、そんなうれしい言葉をいただいて。また燈と一緒にやれるのはほんとにうれしいので、こちらこそです。燈の熱量みたいなのって、お芝居中でもすごく伝わるんですよね。例えば『クジ砂』の公演中でも、僕にバンッて抱きつくシーンとかガチなんです。

赤澤アハハハハ!

崎山痛いくらいバンッてきて(笑)。芝居自体にも熱いですし、僕もそういう話は好きなので。同じような感覚でお芝居をしてる人なのかなって。やっぱり熱い人が座長だと引っ張られるし、こっちも頑張ろうって気にもなるので。頼りになるのはこちらこそです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.