くらし情報『専業主婦から女社長に?『マチ工場のオンナ』主演の内山理名がカッコいい!』

2017年11月30日 21:00

専業主婦から女社長に?『マチ工場のオンナ』主演の内山理名がカッコいい!

専業主婦から女社長に?『マチ工場のオンナ』主演の内山理名がカッコいい!
『マチ工場のオンナ』(c)NHK
父の遺した倒産寸前の町工場を、経験ゼロの専業主婦が経営再建のため奔走する。実体験を描いた原作だが、ドラマならではの撮影現場での秘話とは―。

■“実話”をドラマ化
主題歌は松田聖子

32歳の専業主婦が、父の遺した倒産寸前の町工場の社長になって奮闘する姿を描いたサバイバルヒューマンドラマ。主人公の光役に内山理名、光の父・泰造役は舘ひろしが、それぞれ演じる。自らの体験を綴った諏訪貴子原作『町工場の娘』を映像化。松田聖子が、NHKドラマで初の主題歌『新しい明日』を歌う。

「ポジティブな主人公を感じていただきたく、タイトルは原作の“町”を“マチ”に、“娘”を“オンナ”にしました。
光役は、内山さんの明るさ、ポジティブさ、素直さがぴったりだと思って依頼しました。泰造役は、リーダーシップ、カリスマ性のあった諏訪さんのお父さまのイメージに加え、存在感を重視して舘さんに。泰造は初回で亡くなりますが、2話目以降も毎回、登場します。強烈なインパクトを表現できる方にお願いしたかったんです」

と、吉永証チーフ・プロデューサー。

社長業の経験ゼロの専業主婦は、どうやって会社を立て直していくのか(?)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.