くらし情報『杉本彩、激白!<猫13匹虐待殺傷事件>の初公判を傍聴「供述は自分勝手」』

2017年12月5日 12:00

杉本彩、激白!<猫13匹虐待殺傷事件>の初公判を傍聴「供述は自分勝手」

杉本彩、激白!<猫13匹虐待殺傷事件>の初公判を傍聴「供述は自分勝手」
裁判前に心情を語る杉本さん。被告への強い怒りも口にした
11月28日、東京地裁で行われた、猫13匹を虐待し殺傷、動物愛護法違反の罪で逮捕、起訴された元税理士・大矢誠被告の裁判に姿を見せたのは、大の猫好きとしても有名な、女優の杉本彩(49)。

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva理事長も務める彼女は法廷での大矢被告に対し、

「供述は自分勝手。恨みがあったことを強調していましたが、私は駆除を正当化し、減刑するための通り一遍の言い訳だと思いました」

と、バッサリ。さらに、

「行為がエスカレートしたのは自分のせい、と言いながらインターネットなど、周囲の情報に煽られたためと話していました。これは責任転嫁だと感じました」

と矛盾点を厳しく指摘した。事件の全容解明については、

「これで終わっちゃうの!?もっともっとツッコみたかった」

ほとぼりが冷めたら、繰り返すのではないか、と懸念を示した。

杉本さんが何よりも憤りを覚えた点が、

「動物愛護法より器物損壊のほうが、罪が重いと弁護士が言ったことです。今までのことは何だったのか、と力が抜けました。ただ、このとき来年の動物愛護法改正で厳罰化を進める必要があることへの意識を強く持ちました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.