くらし情報『統計で見る「地下アイドル」のリアル。地下アイドルは愛されて育った人が多い?』

2017年12月18日 17:00

統計で見る「地下アイドル」のリアル。地下アイドルは愛されて育った人が多い?

統計で見る「地下アイドル」のリアル。地下アイドルは愛されて育った人が多い?
姫乃たまさん撮影/吉岡竜紀
『職業としての地下アイドル』の筆者である姫乃たまさんは、自身、地下アイドルとして生計を立てている。読者のみなさんは、地下アイドルという存在をご存じだろうか?

「テレビなどのマスメディアではなく、ライブハウスなどファンがいる空間を活動の中心にするアイドルのことです」

と、姫乃さんは笑顔で解説してくれた。

■普通のアイドルとはどこがどう違うの?

「主にチェキ(インスタントカメラで撮った写真)を販売して稼いでいる人が多いですね。私は1枚500円ですけど、もっと高い人もいますし、サインつきで2000円なんて売り方をする人もいます。チェキを撮れる難易度が高ければ高いほど、地上のアイドルに近い場所にいると言えます」

現在、日本には万人単位のアイドルがいるという。アイドル一本で食べていける人は少なく、学生や実家暮らし、アルバイトをしながらアイドル活動を続けている人がほとんどだ。ということは「地下」を冠したアイドルとなると、さらに過酷な職業ではないのか。

「確かにそういう熾烈(しれつ)な側面はあるのですが、とても楽しい世界でもあります。地下アイドルという存在をイメージで語るのではなく、統計をきちんと取って見直したいと思ったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.