くらし情報『野村沙知代さん死去、あの“宿敵”浅香光代が今年3月に語っていたこと』

2017年12月8日 21:05

野村沙知代さん死去、あの“宿敵”浅香光代が今年3月に語っていたこと

野村沙知代さん死去、あの“宿敵”浅香光代が今年3月に語っていたこと
元気な頃の野村沙知代さん(’05年8月)
8日、野村沙知代さんが亡くなった。85歳だった。

プロ野球の元監督・野村克也氏の夫人であった沙知代さんは、90年代中ごろから毒舌コメンテーターとして、テレビのバラエティー番組などで引っ張りだこになっていたが、一躍脚光を浴びるようになったのは、’99年に勃発した“ミッチー・サッチー騒動”だ。

ことの発端は、ミッチーこと浅香光代がラジオで、沙知代さんのことを痛烈に批判したことからだった。前年の舞台共演で生じた二人の確執の根深さをうかがわせたが、沙知代さんが、

「どうせ売名行為でしょ。金持ちケンカせずよ」

と反撃したことで、火に油を注ぐことになり、騒動は拡大していった。

「週刊誌やワイドショーの格好のネタでしたから、マスコミはすぐに飛びついて、連日報道されることになったんです。

ところが二人のケンカだけで終わらず、芸能人や著名人が沙知代さんバッシングを始めたんです。もちろん沙知代さんの味方もいましたが、分は悪かったですね」(芸能レポーター)

この騒動で登場した芸能人・著名人は、十勝花子さん、渡部絵美、神田うの、デヴィ夫人、美輪明宏、塩月弥栄子、有田芳生、田中眞紀子など10人は下らなかっただけでなく、テレビ局自身も巻き込まれることに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.