くらし情報『本田望結、「超えられない壁」である姉・真凜から夜中に届いた謎LINE』

2017年12月16日 11:00

本田望結、「超えられない壁」である姉・真凜から夜中に届いた謎LINE

本田望結、「超えられない壁」である姉・真凜から夜中に届いた謎LINE
本田望結撮影/伊藤和幸
「朝、学校に行くと、みんなはまだ眠そうな顔をしているけど、私だけ“おはよう~!”ってすごい元気なんです(笑)。普段は朝7時くらいからスケートの練習をして学校に行っているので。放課後も15時から21時くらいまでまた練習して、そのあとにトレーニングをするっていう生活を送っています」

2歳で芸能界デビュー、ドラマ『家政婦のミタ』で一躍有名になり、今年1月にはスペシャルドラマ『探偵少女アリサの事件簿』でドラマ初主演を果たすなど、着々と女優としてのステップを上がっている本田望結(みゆ)。さらに、先月行われたフィギュアスケートの全日本ジュニア選手権大会に初出場するなど、スケーターとしても大活躍!

「本当に私なんて、1つ目(予選)の大会で落ちてもおかしくないくらいのレベルなんです。でも、今回はラッキーなことに全日本に行けて。本番も自分なりに楽しめたのですが、今は全日本に行けたことで満足しちゃってる部分が。だから、来年は“(全日本に)行くのが当たり前”というくらいの気持ちで頑張りたいです!」

姉・真凜(まりん)も数々の大会で優勝し、来年の平昌(ピョンチャン)オリンピックへの出場が期待されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.