くらし情報『土屋太鳳が語る結婚願望、理想のプロポーズ、撮影中に感じた“健先輩”の愛情』

2017年12月15日 12:00

土屋太鳳が語る結婚願望、理想のプロポーズ、撮影中に感じた“健先輩”の愛情

土屋太鳳が語る結婚願望、理想のプロポーズ、撮影中に感じた“健先輩”の愛情
土屋太鳳撮影/廣瀬靖士
「ウエディングドレスを着られるのが本当にうれしくて。これまでお仕事で5回ほど着させていただいたんですが、毎回“今日は本気で結婚するぞ~!”って気持ちで挑んでいます(笑)」

“本番までに慣れすぎないようにしないと(笑)”と、お茶目に笑う土屋太鳳(22)。そんな彼女が映画『8年越しの花嫁奇跡の実話』で、原因不明の病から驚異の回復を遂げた花嫁に!お相手は土屋が兄であり、父であり師匠であると慕う佐藤健。

「“健先輩”とは4年前に映画で共演して、師匠と弟子みたいな間柄の役だったので、当時は“膝カックン”とか背負い投げをよくされていたんです(笑)。ずっと背中を追ってきた方でこんなにも大先輩なのに、いつも同じ目線で向き合ってくださって。人としても役者としても尊敬しています」

劇中では300万人に1人とされる難病“抗NMDA受容体脳炎”を発症し、8年間昏睡状態に陥った女性を演じている。管や人工呼吸器につながれ身動きのとれない土屋を気遣い、恋人役の佐藤が脚のマッサージを施してくれたことも。

「“大丈夫?”とか“何かやってほしいことはある?”とか声をかけてくださって。あまり笑うと(4時間かけた)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.