くらし情報『米倉涼子『ドクターX』第5弾終了で早くも「続編」着手か「2年後以降なら」』

2017年12月17日 11:00

米倉涼子『ドクターX』第5弾終了で早くも「続編」着手か「2年後以降なら」

米倉涼子『ドクターX』第5弾終了で早くも「続編」着手か「2年後以降なら」
米倉涼子
12月14日に放送された米倉涼子主演のドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の最終回が25.3%(ビデオリサーチ調べ。関東地区、以下同)の高視聴率を記録した。

前回の2016年10月期のシリーズ第4弾は、最終回で22.8%を記録したが、今回はその記録をさらに上回り、全10話の平均視聴率も20.9%で、2017年に放送された連続ドラマの中でも最高の平均視聴率となるなど無敵の強さで圧勝した。

最終回は、未知子の余命が3カ月だと判明。生死の行方が注目されていたが、ラストではキューバの医科大学で再び手術室へ向かう未知子の姿が――。

SNSではリアルタイムで「良かった、未知子、助かったのね!」「これって、次もあるってことだよね」「キューバ編見たい」「続編あるよね?」と、早くも続編を望む声が寄せられた。

「今回のシリーズ第5弾が始まる前に米倉は『これで最後にしたい』と話していたそうです。当初はタイトルに“ドクターX ・ファイナル”と付けるかどうかも検討されていたといいます。米倉本人も今後は舞台やミュージカルを中心にやっていきたいそうで……」(スポーツ紙記者)

だが、「これだけのキラーコンテンツをテレビ朝日が終わらせることはありえない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.