くらし情報『元駒大陸上競技部主務マネージャー・M高史が語る、箱根駅伝の舞台裏』

2018年1月1日 17:00

元駒大陸上競技部主務マネージャー・M高史が語る、箱根駅伝の舞台裏

主務マネージャーとして強豪・駒澤大学の陸上競技部を支え、現在は公務員ランナー・川内優輝さんのものまねでもお馴染み、“ものまねアスリート芸人”として活躍するM高史さん。マネージャーの仕事内容について、そして箱根駅伝の舞台裏を語ってくれました。

元駒大陸上競技部主務マネージャー・M高史が語る、箱根駅伝の舞台裏
M高史のここだけの話「監督の娘さんの 宿題も見ました(笑)」
◇◇◇

箱根駅伝と藤色のユニフォームに憧れ、一般入試で駒大に入ったМ高史さん。しかし、当時の駒大陸上競技部は箱根駅伝2連覇中(その後、4連覇)。とてもじゃないが、歯が立たなかったそう。

「1年の終わりくらいに、監督からマネージャーへの打診がありました。いてもいなくてもわからないような選手でいるよりは、チームの役に立てる存在になりたいと思い、マネージャーへの転向を決意しました」

2年は副務、3年からはマネージャーのトップ・主務に。その仕事は運営におけるすべてだ。

「タイム計測や準備・片づけなどの練習のサポートはもちろん、試合の申し込み、合宿の宿舎や交通の手配、大学広報に掲載する原稿の作成、合宿届や試合届などの書類提出、マスコミの取材対応……、休みと給料のない社会人みたいなものです(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.