くらし情報『大谷翔平、メジャーデビューで“女子アナ包囲網”からついに解放へ』

2017年12月29日 18:00

大谷翔平、メジャーデビューで“女子アナ包囲網”からついに解放へ

大谷の二刀流の挑戦をずっと支えて、彼を守ってきたのは栗山監督」というのはスポーツジャーナリスト。

「野球以外のことでも監督は、マスコミへの対応などをさりげなくアドバイスしていました。人気選手になればなるほど、プライベートでも注目されますし、良くも悪くも取り沙汰されますからね。特に女性関係などは針小棒大に書かれますから、そういった雑音には気を付けていましたね」(同)

インタビューなどでも「高校時代も、今も彼女はいません」と答える大谷を巡っては、女子アナのバトルも繰り広げられたという。

「有名なのは同じ岩手県出身のフジの久慈暁子アナや、取材の時にやたらと馴れ馴れしいと顰蹙(ひんしゅく)を買った加藤綾子、他にも年上の地方局アナウンサーやモデルなどの名前が挙がっていました。

一時は女子アナの取材禁止、という強行策もとったようです。でも大谷本人はまったくその気はないようですし、メジャーへ行けば当面女子アナからは解放されますからね。本人も、むしろ“94年会”のメンバーと会う方が楽しいと言ってるぐらいです」(前出・ジャーナリスト)

“94年会”とは、大谷と同じ1994年度生まれのアスリートたちが“発足”した会だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.