くらし情報『混戦必至の箱根駅伝、独自ルール&勝負ポイントを知ればもっと楽しい!』

2018年1月1日 21:00

混戦必至の箱根駅伝、独自ルール&勝負ポイントを知ればもっと楽しい!

箱根駅伝は母校の襷をつなぐ学生たちの熱いドラマ。前哨戦は東海大と神奈川大が制し、青山学院大4連覇に暗雲が!?大混戦必至!今回はテレビ解説でおなじみの碓井哲雄さん(神奈川工科大学陸上競技部監督)に独自ルール&コース解説してもらいます。

混戦必至の箱根駅伝、独自ルール&勝負ポイントを知ればもっと楽しい!
9区・鶴見中継所の繰り上げスタート(前回大会)■箱根駅伝キホンのキ~PART1

■そもそも箱根駅伝とは?

正式名称は『東京箱根間往復大学駅伝競走』。東京・大手町の読売新聞社前から神奈川県・箱根町の芦ノ湖までの217・1kmを10区間に分け、21チーム・各大学10人のランナーが、母校の襷(たすき)をつなぐ駅伝レースだ。1月2日が往路、3日が復路。

「1920(大正9)年に始まり、’18年で94回目を迎えます」(碓井さん、以下同)

■出場できる大学は?

関東学生陸上競技連盟に入っている大学のうち、前回大会でシード権を獲得した10校と、予選会を通過した10校。さらに関東学生連合を加えた21チームが出場する。

「基本的には、関東の大学のみの出場です。なお、第100回大会となる’24年には全国化も検討されているようです」

■シード権とは?

10位以内に入った大学には、翌年の大会に出場できる“シード権”が与えられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.