くらし情報『《食のトリビア大集合》炭酸とソーダ、ツナとシーチキン、割烹と料亭、何が違うの!?』

《食のトリビア大集合》炭酸とソーダ、ツナとシーチキン、割烹と料亭、何が違うの!?

2018年3月4日 18:00
 

《食のトリビア大集合》炭酸とソーダ、ツナとシーチキン、割烹と料亭、何が違うの!?
食の不思議トリビア
珈琲とミルクでカフェオレ? カフェラテ? パフェとサンデー、ウインナーとソーセージはどう違う? 知ればおいしさも思わず倍増しそうな、“食の不思議”にまつわる雑学をお届けします!

■懐石と会席

同じ日本料理で、読み方も一緒とはいえ、そのルーツや目的はまったく異なるよう。

「懐石料理は、茶事で客をもてなすための料理。“懐石”とは禅僧が空腹や寒さをしのぐために懐に温かい石を入れた“温石”を語源とし、質素な食事を旨としています」

そう話すのは、和食文化国民会議の田島専務理事・事務局長。あくまでお茶の味を損なわないことが重要で、濃い味や脂っこいもの、強い香辛料をきかせた料理は避けられる。

一方の会席料理は、

「お酒を楽しむ宴会料理。料理をいただく部屋は趣向を凝らした装飾がほどこされ、高級素材をふんだんに使った料理は、目でも楽しめるものという違いがあります」

おいしい料理と心配りで「おもてなし」を受けられるなら、どちらでも大歓迎!?

■割烹と料亭

庶民にとっては高嶺の花で、格式が高く、味も価格も高級な日本料理を提供する場所──。そんなイメージが共通している割烹と料亭。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.