くらし情報『「銭湯とスーパー銭湯の違いは何?」こんなにあった、暮らしのトリビア』

「銭湯とスーパー銭湯の違いは何?」こんなにあった、暮らしのトリビア

2018年3月4日 17:00
 

「銭湯とスーパー銭湯の違いは何?」こんなにあった、暮らしのトリビア
銭湯とスーパー銭湯の違いは?■銭湯とスーパー銭湯!?

コーヒー牛乳を置いているかどうかで違うとか!?

「明らかな違いは料金。銭湯は終戦直後の“物価統制令”が残っていて、各都道府県の条例で料金が定められていますが、スーパー銭湯は自由料金です。また銭湯は主に地域住民の利用頻度が高いですが、スーパー銭湯はより規模が大きく、入浴以外の娯楽性が高いため家族連れも多いです」

そう話すのは『ザ・東京銭湯』などの著者で、日本銭湯文化協会理事の町田忍さん。

スーパー銭湯は、銭湯と差別化するために“銭湯を超えた”という意味で銭湯に“スーパー”をつけたもの。ただし、以前は充実した施設=スーパー銭湯という認識だったが、近年は銭湯にも露天風呂などの設備が充実、境がなくなってきているとか。

■牧師と神父

『キリスト教の歳時記──知っておきたい教会の文化』などの著者・八木谷涼子さんによると、

「プロテスタント教会にいるのが牧師。神父はカトリック教会および正教会の司祭に対する呼称です。厳密に言うと、プロテスタントにもごく一部に“神父”と呼ばれる人がいますが、カトリック教会と正教会には“牧師”と呼ばれる人はいません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.