くらし情報『次世代の「MADE IN JAPAN」がブームになりつつある、2つの理由』

2018年3月9日 05:00

次世代の「MADE IN JAPAN」がブームになりつつある、2つの理由

また、2つ目の大きな変化は「買い手の意識」だという。

「バブルのころはみんなハイブランドを欲しがったし、安価な海外製品はいまだに根強い人気。だけどそれに物足りなさを感じ始めた人たちが、今度は“語れるモノ”を求めているのかなと感じています。SNSの台頭によって、何かを発信したいという欲求が表面化してきた。だから、自分が買うモノのストーリーを知って共感したうえで“実はこれ◯◯の職人さんが〜”って自慢したいんじゃないかな」

とはいえ、語りたい欲求だけで購入するには、少々値の張るモノが多いことも事実。それでもなお、MADE IN JAPANを選ぶ最後のひと押しとなるのは「昔から“変わらない”品質の高さ」だ。

「安いモノを買って、ダメになったら買い直すというのもひとつの選択肢ですが、いいモノを長く大事に使うというのも、またひとつの選択肢。日本の製品は質が高く、壊れにくいですし、万が一壊れても直して使えるものが多い。1万円の器も、30年使えば1年あたり300円程度です」

「ほら」と、高橋さんは1枚の写真を見せてくれた。それは、割れてしまったお気に入りの器を「金継ぎ」という技法で修復したもの。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.