くらし情報『東日本大震災をバネに、味とセンスで勝負した『サヴァ缶』ヒットの理由』

2018年3月11日 10:00

東日本大震災をバネに、味とセンスで勝負した『サヴァ缶』ヒットの理由

それなら前者より美味しく、後者のようにおしゃれな缶詰を作れば、多少価格が高くても需要があると考えました」

水産加工業の盛んな東北において、食材に選んだのはサバ。従来の水煮や味噌煮との競合を避け、新しさを打ち出すため、味はオリーブオイル漬けにすると決めた。

これらのコンセプトをまとめ、製造を依頼しに向かったのが『岩手缶詰株式会社』。

所長の佐々木桂三さんは、最初に話を聞いたとき、戸惑いを隠せなかったという。

「われわれも長く缶詰を作ってきましたが、一般的な価格より高い高級缶詰を売りたいと言われ“大丈夫?”というのが率直な感想でした。ただ、私たちも震災で工場が流されていましたし、何か新しい挑戦をしなければという思いでお引き受けしたんです」

次に、販売元の候補として挙がったのは、岩手の県産品を扱う『岩手県産株式会社』。当時、商品開発を担当していた長澤由美子さんも、在庫のリスクが真っ先に浮かんだ。「岩手缶詰さんの製造ロット数は、1回で4万8000缶。高橋さんのコンセプトには賛同したものの、それだけの数を売り切れるのか不安を覚えました。けれど私たちも最終的には、“売れなかったらみんなで頑張ろう!”と取り扱いを決めました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.