くらし情報『《MADE IN JAPANー伝統工芸》進化する “曲げわっぱ” 誕生は「お母さんの声から」』

《MADE IN JAPANー伝統工芸》進化する “曲げわっぱ” 誕生は「お母さんの声から」

2018年3月10日 11:00
 

《MADE IN JAPANー伝統工芸》進化する “曲げわっぱ” 誕生は「お母さんの声から」
居酒屋で飲んでいるときに着想を得たおしゃれ皿(2枚入り4320円)と、ぐい呑(2160円)
一般的に曲げわっぱと聞いて思い浮かべるのは、おひつや弁当箱のような円形や小判型。しかし、秋田県大館市の一角に佇む『栗久』6代目を継承する栗盛俊二さんは、世界で初めて、円錐形の曲げわっぱ製作に成功した名工だ。

円錐形は逆三角形と言い換えたほうがわかりやすいかもしれないが、コーヒードリッパーのように、上部から底に向けてすぼんでいく形。類似品がほとんど存在しないことからも、その技術の価値がうかがい知れるだろう。

■“現代の名工”は陽気な発明家!?

……と、この前置きだけでは、いかにも気難しい寡黙な職人を想像してしまいそうになるが、商品片手に説明を始める栗盛さんは、底抜けに明るく人生と仕事を楽しむアイデアマンだ。

「例えば端をくるっと曲げたこのおしゃれ小皿。常々、商品を作ったあとにできる端材がもったいないなと思ってたのよ。そんなとき、居酒屋で飲みながら、割り箸の袋で箸置きを作ってたら“これ使える!”ってひらめいちゃった。

おまけに、“はみ出た皿の部分をカットすればぐい呑みになるじゃん!”ってね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.