くらし情報『松山ケンイチ&深田恭子「普通だったらセクハラになる」現場でのコミュニケーション』

2018年2月1日 11:00

松山ケンイチ&深田恭子「普通だったらセクハラになる」現場でのコミュニケーション

松山ケンイチ&深田恭子「普通だったらセクハラになる」現場でのコミュニケーション
松山ケンイチ、深田恭子撮影/廣瀬靖士
妊活する夫婦を描くドラマ『隣の家族は青く見える』で共演中の深田恭子(35)と松山ケンイチ(33)。’12年に放送された『平清盛』以来の夫婦役だけに息はピッタリ!?

深田「前回は大河ドラマということもあり、夫婦といっても清盛と正室の時子の関係は、時子が殿である清盛を遠くから見守っている感じでしたね」

松山「奥ゆかしい関係でしたよね。根っこではつながっているけど、表だってチュッチュするような関係ではなかったので(笑)。今回は言いたいことを言い合える関係性ということもあり、深田さんとコミュニケーションをとる時間も増えました」

よりリアルな夫婦感を出すために、撮影中は手をつないだりして積極的にコミュニケーションを図っているとか。

松山「普通にやったらセクハラになることでも、夫婦だったら当たり前(笑)。ちゃんとつながっているからこそ、表現できるものって何だろう……と思いながら現場に臨んでいます」

深田「松山さんが距離感を近づけるためにたくさんお話をしてくれるのですが、人が思いつかないようなことをおっしゃるので、現場ではいつも驚いてばかりですね(笑)」

松山「自分では、驚かすつもりはまったくないんですけど(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.