くらし情報『『わろてんか』登場、“6代目隼也”の成田凌が「親にわかってもらいたい気持ち」とは』

2018年2月1日 05:00

『わろてんか』登場、“6代目隼也”の成田凌が「親にわかってもらいたい気持ち」とは

『わろてんか』登場、“6代目隼也”の成田凌が「親にわかってもらいたい気持ち」とは
成田凌撮影/伊藤和幸
「僕にとっては“お母ちゃん”なので、みなさんが思っている、てんちゃん(葵わかな)のイメージとは違うと思います。厳しいけどカッコよくて……。芸人さんたちをまとめつつ、みんなの中心でバリバリやっている姿は、隼也としても尊敬しています」

てんと藤吉(松坂桃李)の息子・隼也を演じている成田凌(24)。赤ちゃんの子役から数えれば“6代目隼也”。藤吉亡きあと、レビューやミュージカルについての見聞を広めるためアメリカに渡り、成長した姿で登場する。

「隼也のように海外で勉強することは興味あります。いろんな世界を見たいですから。やっぱり言語を学びたいなと思います」

何人もの子役たちがつなげてきた役。自身が演じるまで、視聴者としてドラマを楽しんでいたという。

「“かわいいな”“あ、生意気になってきたな”とか、ブツブツ言いながら隼也の成長を見ていました(笑)。彼らが演じて作り上げた隼也は、僕にとって、あくまで原作みたいなもの。なので、あまり意識しないで現場に入りました」

隼也は幼少期、忙しく働く母親・てんに甘えられずに反抗的な態度をとったりもした。

「彼の気持ちがわかる、というか理解はできますが、僕自身、昔から親を頼ったことはありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.