くらし情報『松本人志「食うの遅いヤツ絶対に売れない」を聞いて元芸人が思ったこと』

松本人志「食うの遅いヤツ絶対に売れない」を聞いて元芸人が思ったこと

2018年2月19日 16:00
 

松本人志「食うの遅いヤツ絶対に売れない」を聞いて元芸人が思ったこと
豚丼を食す千原ジュニア
受験シーズン真っ只中、東京では4年ぶりとなる大雪に見舞われた。受験生はそんな悪天候にもめげず、勉強に精を出していることだろう。

そんな彼らがどうしても気にしてしまうのが、ジンクスではないだろうか。

新幹線を使って移動する受験生たちにとっての「富士山を見ると不合格になる」というものから「受験校の校門の前に五円玉を置くと合格する」「青いものを身につけると受かる」まで、最近では良い意味でも悪い意味でもさまざまなジンクスが存在するようだ。

■芸人のなかで言われているジンクス

かつて私がいたお笑い業界にも、多くのジンクスがある。

以前ある番組で、ダウンタウン松本人志さんが「食べるのが遅い芸人は、絶対売れない」と話していたが、これもそのうちのひとつだろう。

吉本興業の芸人たちのあいだには、“ご飯は先輩がご馳走するもの”という暗黙の了解がある。そのため、ご馳走してくれた先輩に自分が食べ終わるまで待ってもらうのは当然ながら、御法度だ。後輩は先輩よりも先に食べ終わるのがマナーなのである。

早く食べ終われば、次の店の手配もできるし、お会計の準備もできる。食べるのが早いということは、それだけ周りへの配慮ができているということにつながり、結果的に“空気が読める”という評価も得られる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.