くらし情報『<多様化する読書術>プロスポーツ選手が行う速読法、京大発ビブリオバトル』

2018年3月18日 11:00

<多様化する読書術>プロスポーツ選手が行う速読法、京大発ビブリオバトル

脳が活性化すると再ブームの波が来ている「速読」、時代を超えて再注目されている「紙芝居」、読書の輪が広がる「ビブリオバトル」や「読書会」をはじめ、読書にまつわるさまざまなイベントが各地で開催されています。そこではどんな読み方&読まれ方がされているのか──多様化する読書スタイルの最新事情を徹底調査しました!

■脳を鍛える「速読」で新しい読書体験を!

『速読』と聞いて多くの人がイメージするのは、おそらく勢いよく本をめくって「はい、読めました!」というものだろう。

昭和の終わりごろには「1冊を1分で読む!」というようなハウツー本が一大ブームを巻き起こした。当時、テレビで速読する人たちを見て「あんなふうにスラスラ読みたい」と思った人も多いはず。しかし、どこかうさんくさかったのも事実で、ブームは長続きしなかった。それから約30年、新しい速読ブームの波が来ているという。

「私が考える速読というのは、ただ単に本を速く読むためのテクニックじゃありません」

そう話すのは、現在の速読ブームの牽引(けんいん)者、呉真由美さん。“速読コンサルタント”の呉さんは、「誰にでもできるがんばらない速読」をモットーに全国でセミナーを開催。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.