くらし情報『ニッチェ江上敬子、女優デビューの裏側にある「漫才の授業」と「家族への感謝」』

ニッチェ江上敬子、女優デビューの裏側にある「漫才の授業」と「家族への感謝」

2018年2月10日 14:00
 

ニッチェ江上敬子、女優デビューの裏側にある「漫才の授業」と「家族への感謝」
江上敬子撮影/渡邊智裕
「女優を目指して日本映画学校(現・日本映画大学)に通っていたんですが、漫才の授業が私の人生を変えました。すごくマジメな学生だったので、お笑いをめちゃくちゃ研究してネタもいっぱい書いて。そしたらそれがすごい評判で、先生から“芸人になれ”って言われたんです(笑)。“芸人でテレビに出られたら、その先に今のお前がやりたいことがあるから”って。まさに今回、その言葉が現実になりました」

お笑いコンビ・ニッチェのボケ担当、江上敬子(33)が本格女優デビュー。“いや~、藤山直美さんに似ていてよかった”と冗談を交えながら喜びをあらわにするも、

「でもね、いただいた台本の役名の下に“太っていて容姿が醜い女性”と書いてあって。もうちょいオブラートに包んだ言い方はできないもんかと憤慨しましたよ(笑)」

実際、“女優”になった感想を聞いてみると、

「なんとなくいけそうな気がしていたんですけど、いざ現場で“ヨーイ!”って声がかかると緊張マックスになって、ピーンと背筋が伸びました(笑)」

憧れたきっかけはあの大女優!?

「小学校の学芸会で、主役をやりたいって立候補したのに誰も認めてくれなくて(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.