くらし情報『ももクロ卒業の有安杏果、放送作家が感心した子ども番組での“ハプニング対応力”』

2018年2月12日 16:00

ももクロ卒業の有安杏果、放送作家が感心した子ども番組での“ハプニング対応力”

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊山名宏和樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第41回は山名宏和が担当します。■有安杏果 様

今回、勝手に表彰させていただくのは、先日、ももいろクローバーZを電撃卒業した有安杏果さんである。

ももクロ卒業の有安杏果、放送作家が感心した子ども番組での“ハプニング対応力”
有安杏果
有安さんの卒業発表は、ファンはもちろん、それ以外の方々の間にも驚きが走った。僕も驚いたが、僕の驚きは他の方と質がちょっと違ったと思う。なぜなら、僕は今、ももクロの番組の構成に携わっており、卒業のニュースは、まさにその番組の会議に向かう移動中に、しかもネットのニュースで知ったからである。

放送作家という仕事をしていると、芸能界の裏事情に詳しいと思われることがよくあるが、けっしてそんなことはない。世間の人より早めに知っていることがあるとすれば、終わる番組と新しく始まる番組の情報ぐらいだ。担当している番組の出演者のニュースにしても、事前に知ることがあるとすれば、番組そのものに大きく関わる場合のみである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.