くらし情報『<平昌五輪>銀メダリスト・高木美帆の地元じゃ有名な「天才少女」っぷり』

2018年2月13日 16:30

<平昌五輪>銀メダリスト・高木美帆の地元じゃ有名な「天才少女」っぷり

中学時代には国内で敵なしといえる、天才少女だった高木だが、その才能はスケートだけにとどまらなかった。

「在学中もW杯であったり、国内外で遠征が多かったので、1年のうち3分の1程度は学校を休まざるをえなかった。それでいてテストなどは学年でトップレベルの成績を出す。学力だけでなくサッカーをやっても、ダンスをやっても、なんでもできる子でした」

今回は同じく東出さんの教え子である姉の菜那と、初めて姉妹での五輪出場となり、団体追い抜きに臨む。妹は15歳で’10年のバンクーバー五輪に初出場し、その年、姉は出場を逃した。’14年のソチ五輪では逆に姉が初出場を果たし、妹は出場を逃した。

「姉妹で性格はかなり異なりますね。姉の菜那は負けん気が強く勝負にこだわる。妹の美帆はさっぱりした性格です。タイプは違いますが、お互いに意識して努力する、いいライバル関係だと思いますね」

5大会連続で五輪に出場し、長野では銅メダルに輝いた岡崎朋美さんに美帆の印象を聞いた。美帆の初出場のバンクーバーは、岡崎さんにとってのラスト五輪でもある。「すごく大人になりましたよね。バンクーバーのときは本当に“子ども”でしたから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.