くらし情報『木村拓哉『日本アカデミー賞』最優秀賞を狙う背景に「マスオさん」先輩の存在』

木村拓哉『日本アカデミー賞』最優秀賞を狙う背景に「マスオさん」先輩の存在

2018年2月19日 04:00
 

関連リンク

・『TOKIOカケル』4人で初放送 ヒロミの金言に国分ら感謝「すがりたい時期だった」
・おディーンさま英語会見再び…家族語る内容もカッコよすぎ!
・パルムドール受賞の是枝裕和監督が凱旋会見「ようやく実感しました」
木村拓哉『日本アカデミー賞』最優秀賞を狙う背景に「マスオさん」先輩の存在
最優秀賞は誰の手に
「木村さんと二宮さんとの共演が話題になっている映画『検察側の罪人』は、ロングランを見込まれての公開時期になっていますね。

ジャニーズのトップ俳優2人を駆り出した作品だけにかなり力が入っていますよ。秋、冬と勢いをつけて、本気で『日本アカデミー賞』を狙っているみたいですね。木村さんが“モックン”になるか、それとも“マッチ”になるか、岐路を分ける映画になりそうです」(芸能プロ関係者)

2月8日、“レジェンド”葛西紀明選手が平昌五輪スキージャンプ個人男子ノーマルヒルに出場した一方で、同級生の木村拓哉が主演の『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)第4話は同時間帯の放送ながら視聴率13・6%を記録。ヒルサイズジャンプとはいかないまでも、大健闘した木村だった。

その彼は今年、勝負の年を迎えている。『BG』終了後、8月24日に嵐・二宮和也と共演する、主演映画『検察側の罪人』公開を控えているからだ。そして同作で、木村は“名優”の仲間入りを目指すのだという。

日本最高峰の映画の祭典『日本アカデミー賞』。41回めとなる今年は『BG』撮影が佳境に入るころ、3月2日に開催される。すでに各優秀賞は発表されており、当日は最優秀賞の発表、授賞式を残すのみとなっている。

「作品賞で注目されるのは是枝裕和監督の『三度目の殺人』。主演男優賞では大泉洋さん、岡田准一さん、藤原竜也さんが最優秀賞の有力候補です。仮に岡田さんが受賞したら第38回に続いて2度目。アイドルの枠を超えた、名優としての階段をまた一段上りますね」(映画雑誌編集者)

いわゆる“賞レース”を避けてきたジャニーズが、同賞に乗り出したのが第38回。このとき『永遠の0』で、最優秀主演男優賞を受賞したのが岡田准一だった。そして翌年の第39回では、『母と暮らせば』に出演した二宮が栄誉を手に。ジャニーズが誇る“俳優”2人が、2年連続でトップに立ったのだった。

しかし“第1号”は本来、木村になるはずだったそうだ。

「’06年に主演した『武士の一分』で、木村さんが第30回の優秀男優賞にノミネートされるも、当時の“方針”により辞退。

仮に参加していれば最優秀賞に輝いていたことでしょう。それだけに後輩らの功績は余計にまぶしく、悔しく見えるかもしれません」(同・映画雑誌編集者)
また“辞退”から2年後の“先輩”の躍進が、彼に『アカデミー賞』をさらに意識させたとも言われている。

’08年に公開されると第32回で最優秀作品賞に輝き、主演の本木雅弘が最優秀主演男優賞を受賞した『おくりびと』。この作品は米国の『第81回アカデミー賞』でも外国語映画賞を受賞し、本木は華々しい世界デビューを飾ったのだ。

ご存じ、ジャニーズグループ『シブがき隊』の元メンバーだった、“モックン”こと本木雅弘。いわゆる“辞めジャニ”の彼だが、木村とはプライベートで旧知の仲だ。

「元旦にキムタク一家とモックン一家が、某アパレルメーカーの社長宅を訪問する姿がキャッチされていましたが、ここ数年に始まったことではありません。

大豪邸を建てる前は、工藤静香さんの実家にお世話になっていたキムタク。そして義母・樹木希林さん宅に隣接して自宅を構えたモックン。互いに妻の家族と“同居”する環境で生活する2人は、“マスオさん同盟”を組んでは交流を深めてきました。もう10年以上の仲なのです」(ワイドショー関係者)

互いに近況報告する一方で、ときに役者談義にも花を咲かせてきたことだろう。いつしか本木が身近な目標となり、木村も役者として“世界”を夢見るようになったという。

SMAPという肩書きを失った彼にとって、役者こそが残された道。ジャニーズを辞めてなお大成功したモックンはまさに“生きた教本”です。

残留を決めたジャニーズには近藤真彦という先輩が身近にいますが、お世辞にも名優とは言い難く、キムタクが目指す“路線”とは違いますからね。

将来の幹部候補とも言われていますが、“はだかの王様”にならないためにも『アカデミー賞』という“箔”は絶対につけたいのが本音でしょう」(同・ワイドショー関係者)

今年で46歳と、俳優として脂の乗り切った時期。ジャニーズの“レジェンド”木村は、さらなる飛躍を遂げられるだろうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.