くらし情報『吉岡里帆と芳根京子、ドラマ苦戦のふたりが重宝される演技力以上の理由』

吉岡里帆と芳根京子、ドラマ苦戦のふたりが重宝される演技力以上の理由

2018年2月19日 05:00
 

吉岡里帆と芳根京子、ドラマ苦戦のふたりが重宝される演技力以上の理由
吉岡里帆『ゼクシィ』のCMも出演していた(’16年5月)
吉岡里帆が初主演するドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)の直近の平均視聴率は7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。一方、芳根京子が主演を務める『海月姫』(フジテレビ系)の平均視聴率は5.3%と、いずれも苦戦している。

2人ともNHK朝の連続テレビ小説でブレイクした若手女優だ。

吉岡は『あさが来た』でヒロインの娘の親友「のぶちゃん」役で話題になり、その後も『ゆとりですがなにか』『カルテット』などでの演技が評価された。

「『きみ棲み』は視聴率こそひとケタ台ですが、心身共に振り回され絶望しながらも、必死に頑張るキョドコ(小川今日子役)という難しい役どころを見事に演じきっています」(テレビ局スタッフ)

京都・太秦生まれの吉岡は、小さい頃から両親や祖父母に歌舞伎や能、落語に連れていってもらい伝統芸能に慣れ親しんでいたという。

「その影響もあって、学生時代は落語に夢中になり桂春蝶さんに頼み込んで、お稽古をつけてもらっていたと言います」(テレビ誌ライター)

京都の大学に通いながら夜行バスを使って東京の演劇スクールへ通い、アルバイトをしながらオーディションを受けるという生活は5年間続いた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.