くらし情報『羽生結弦の「女房」&宇野昌磨の「アニキ」、2人を支えた田中刑事』

2018年2月19日 18:00

羽生結弦の「女房」&宇野昌磨の「アニキ」、2人を支えた田中刑事

羽生結弦の「女房」&宇野昌磨の「アニキ」、2人を支えた田中刑事
(左から)羽生結弦、田中刑事、宇野昌磨(写真/共同通信社)
「やりきれたな、という演技でした。右脚に感謝しかないです」

羽生結弦が66年ぶりに五輪連覇という快挙を成し遂げた。昨年11月の負傷で治療に専念し、ぶっつけ本番で迎えた平昌で大仕事をやってのけた。

■3人はとても仲良し

「2月16日に行われたSPで、羽生選手は不安を完全に吹き払う演技を見せました。フリーでは着氷の乱れはあったものの、本当にケガをしていたのかと疑いたくなる仕上がりでしたね。場内では誰よりも歓声があがり、注目が集まる中での圧巻の演技。“絶対王者”の貫禄を見せつけました」(スポーツ紙記者)

好敵手として名が挙がっていたネイサン・チェンらが五輪の魔物に牙をむかれる中、日本のもうひとりのエース宇野昌磨は緊張に打ち勝った。

「SPは完璧な演技。フリーでは、緊張感が最大限になる最終滑走ながら、得点源となる3連続ジャンプを決めて観客を魅了しました」(同・スポーツ紙記者)

SPで3位だった宇野は、2位のハビエル・フェルナンデスを逆転し、銀メダルを手中に。世間はワンツーフィニッシュの快挙に沸いた。

田中刑事はSPの失敗をフリーで挽回し、順位をアップ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.