くらし情報『羽生結弦の「女房」&宇野昌磨の「アニキ」、2人を支えた田中刑事』

2018年2月19日 18:00

羽生結弦の「女房」&宇野昌磨の「アニキ」、2人を支えた田中刑事

「今大会では4回転がなかなか決まりませんでしたが、フリーでは冒頭の4回転サルコウを決め、意地を見せつけました。現地入りしてから4回転の調子がよかったので、本番でのミスは悔やまれます。しかし、ほかの要素は加点がつくような素晴らしい演技でした」(同・スポーツ紙記者)

羽生と宇野という2大スターの前では田中の印象が弱いが、実は2人の好調を支えていたのが彼なのだという。

「競技ではライバルですが、3人はとても仲よし。お互いに影響を与え合っています。氷を離れると、いちばん常識人の田中さんが2人を気遣ってサポート役になっているんです」(スケート連盟関係者)

田中は現在、兵庫県を拠点にして練習しており、後輩たちのいい兄貴分となっている。

■刑事の膝に座る昌磨

「休みの日など、後輩を2~3人連れて銭湯に出かけていくんです。面倒見がよくて、昨年の年末に地元・倉敷のリンクに帰って五輪出場の報告がてら滑り納めをしたときは、小さい子たちに囲まれて大人気だったそうです」(同・スケート連盟関係者)
田中は子どもたちだけではなく、3歳年下の宇野に対しても、兄のように接しているという。

「ジュニア時代の宇野くんは田中くんのあとをくっついて歩いていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.