くらし情報『4代目浅見光彦・平岡祐太がエゴサーチ「“意外といい”の声には上がりました(笑)」』

2018年2月26日 12:00

4代目浅見光彦・平岡祐太がエゴサーチ「“意外といい”の声には上がりました(笑)」

4代目浅見光彦・平岡祐太がエゴサーチ「“意外といい”の声には上がりました(笑)」
(c)TBS
「主役をやりたいと考えていたころにいただいたお話なので、うれしかったけれど、プレッシャーは大きかったです。でも、主役として責任感を持ってやれる楽しさと、やりがいのある作品に参加させてもらえたと思っています」

こう語るのは、月曜名作劇場 『内田康夫サスペンス新・浅見光彦シリーズ 後鳥羽伝説殺人事件』(TBS系 2月26日月曜 夜8時~)に主演する平岡祐太内田康夫原作の浅見光彦シリーズをドラマ化しているTBS辰巳琢郎沢村一樹速水もこみちに次ぐ、4代目光彦役に昨秋、就任した。

■“平岡版光彦”はお坊ちゃまらしさ

「もともとシャーロック・ホームズが好きだったのですが、オファーをいただいて、浅見シリーズの小説や映像化作品、コミックにも目を通し、できることはすべてやって“自分なりの光彦”を模索しました」

浅見光彦記念館』(長野県軽井沢町)にも足を運び、役作りに生かした。そうして迎えた前作では、放送を見ながらエゴサーチ(ネット上での評価を確認)したという。

「“意外といい”の声には(テンションが)上がりました(笑)。ご覧いただいた方それぞれに、いろんな光彦像があるので、なかには厳しい意見もありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.