くらし情報『小原正子&マック鈴木夫妻の「保活」に“保育園落ちた”組から疑問の声』

小原正子&マック鈴木夫妻の「保活」に“保育園落ちた”組から疑問の声

2018年3月5日 21:00
 

小原正子&マック鈴木夫妻の「保活」に“保育園落ちた”組から疑問の声
小原正子
《二人で串カツ、4月から2人の時間が増える昼デートしましょう》

イクメンで知られる元メジャーリーガーで野球解説者のマック鈴木が自身のブログ(2月19日付)で、妻の「クワバタオハラ」の小原正子と共に幸せいっぱいの笑顔のツーショットを披露した。

その2日前のブログでは、今月3歳を迎える長男と2歳の二男を連れてプールや「トーマスランド」で楽しむ様子が綴られており、最後は、

《4月から保育園やもんな行ける時に行く!やれる時にやる!ですよね?》

と結んだ。

この記事に「え?4月から保育園いくの?パパとママの時間が増える?ってどういうこと?」と疑問を投げかけているのが、「保活」で苦労したママたちだ。

2016年の新語・流行語にも選ばれた「保育園落ちた日本死ね」が呼び水となり、待機児童を含む保育の問題は大きく前進したかに見えたが、現実はいまだに「保育園落ちた、働きたいのに働けない」と嘆く声が後を絶たない。

2月初めには各地で4月からの認可保育園入園をめぐる1次選考の結果が発表され、選考に漏れた親たちは、自治体の窓口や無認可保育園探しなど対策に苦慮している。

マックのブログ記事はそんなタイミングでの掲載だったためか、関西圏在住の保育園に落ちたママたちには配慮に欠ける内容と映ったのだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.