くらし情報『藤井聡太六段の快進撃と、羽生善治永世七冠の偉大さから見る「将棋の世界」』

2018年3月9日 11:30

藤井聡太六段の快進撃と、羽生善治永世七冠の偉大さから見る「将棋の世界」

藤井聡太六段の快進撃と、羽生善治永世七冠の偉大さから見る「将棋の世界」
藤井聡太六段
羽生善治永世七冠の誕生、超新星・藤井聡太六段の躍進……今、将棋界が沸きに沸いている。

永世七冠を達成した羽生竜王には、“歴史に刻む偉業で、社会に明るい希望と勇気を与えた”と、先月、国民栄誉賞が贈られた。棋界での受賞は初だ。

ただ、将棋に明るくないと“どのくらいすごいのか”はピンとこない……。

■相撲に例えると

「将棋界では竜王戦、名人戦などが重要なタイトル戦です。今まではずっと7つだったのですが、昨年、叡王戦も加わって“8大タイトル”になりました。多くの棋士にとって、タイトル獲得は大きな夢。それを目標とし、日々しのぎを削り合い、腕を磨いているわけです」

とは、日本将棋連盟の理事を長く務めた青野照市九段。乃木坂46メンバーであり、NHK Eテレ『将棋フォーカス』の司会も務めている伊藤かりんさんは、

「“永世称号”は、それぞれのタイトルによって、得られる条件が違います。5期連続、通算10期など。羽生永世七冠の偉大さは、雲の上どころじゃないレベルです」

さらに、将棋ライターの松本博文さんは、こう説明する。

「よく将棋は大相撲にたとえられます。タイトルを1回獲得するのは、大相撲だと本場所で優勝するようなイメージ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.