くらし情報『『R-1ぐらんぷり』優勝の濱田祐太郎、歴代ブレイク芸人との共通点を放送作家が分析』

『R-1ぐらんぷり』優勝の濱田祐太郎、歴代ブレイク芸人との共通点を放送作家が分析

2018年3月12日 16:00
 

古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊山名宏和樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第43回は鮫肌文殊が担当します。■R-1王者・濱田祐太郎

先日開催された『R-1ぐらんぷり2018』において、全盲に近い弱視の漫談家・濱田祐太郎が見事に優勝をかっさらい、史上最多3795人のエントリー者の頂点に立った。

『R-1ぐらんぷり』優勝の濱田祐太郎、歴代ブレイク芸人との共通点を放送作家が分析
濱田祐太郎
いきなり「生まれつき目が悪く、左目は全く見えず、右目も明るさが分かる程度」と説明、そこから自分が感じる周囲の人たちの物言いの矛盾をどんどん突いていくスタイル。

ほんの1ミリでも観客にマイナスの感情を抱かせてしまえば、途端に笑えなくなってしまう。審査員の皆さんも褒めていたが、そんな感情を微塵(みじん)も感じさせることなく、ネタをドッカンドッカン笑いに変換できたのは、彼の生まれ持ったファニーなキャラクターと、漫談家として舞台で培ってきた芸の力だった。授賞式で本人が「本番は噛みまくっていた」と謙遜していたが、これぞ「話芸」だと思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.