くらし情報『満島ひかり、蒼井優、宮崎あおい、上戸彩の厄年女優に高須院長「鼻の存在感ありすぎ」』

満島ひかり、蒼井優、宮崎あおい、上戸彩の厄年女優に高須院長「鼻の存在感ありすぎ」

2018年3月10日 13:00
 

満島ひかり、蒼井優、宮崎あおい、上戸彩の厄年女優に高須院長「鼻の存在感ありすぎ」
上戸彩満島ひかり蒼井優宮崎あおい
1985年生まれ、今年33歳で後厄を迎えた人気実力派女優の満島ひかり蒼井優宮崎あおい上戸彩。33歳は身体や環境の変化が起きやすく、トラブルに見舞われることも多いことから、「女の大厄」として女性が注意すべき年齢とされる。

上戸彩は、前厄の2016年頃から夫のHIROとの離婚危機が報じられた。満島ひかりは、前厄の2016年に映画監督石井裕也と離婚、後厄の今年は所属事務所から独立し、今後はフリーで活動するという。

一方、宮崎あおいは長らくウワサがあったV6岡田准一と本厄の2017年に再婚。岡田准一の元カノで、大森南朋鈴木浩介三浦春馬ら数多くの男性と浮名を流した蒼井優は、後厄の今年、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。4人それぞれが人生の転機を迎えている。

果たして、女のルックスにも“厄”はあるのだろうか?女優の美を語らせたら右に出るものはいない、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――日本人ならなんとなく意識してしまう「厄年」ですが、満島さん、蒼井さん、宮崎さん、上戸さんの顔を見て、いかがですか?(4人の写真を見せる)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.