くらし情報『仲間由紀恵の妊娠で消えた5代目相棒説、反町隆史の長期政権に突入か』

2018年3月14日 04:00

仲間由紀恵の妊娠で消えた5代目相棒説、反町隆史の長期政権に突入か

仲間由紀恵の妊娠で消えた5代目相棒説、反町隆史の長期政権に突入か
反町隆史
3月14日に最終回を迎える『相棒season16』(テレビ朝日系)だが、早くも来期の『season17』のキャスティングに頭を悩ませているという。

警視庁ナンバー2の副総監・衣笠藤治役として出演していた故・大杉漣さん(享年66)の代役を杉本哲太(52)が務めることが発表されたが、警視庁総務部広報課課長・社美彌子(やしろ・みやこ)役で出演している仲間由紀恵(38)は今夏に出産予定で次シーズンの出演は微妙だという。

「衣笠役は杉本が後を引き継ぐことが決まりましたが、やはり注目されるのは仲間です。そもそも反町隆史が相棒に決まる前から“次の相棒は初の女性、仲間?”と予想し期待する声が少なくありませんでした。

反町に決まった後も、“5代目・仲間の1シーズンの繋ぎ”といわれるほど、仲間待望論は根強かった」(スポーツ紙記者)

『相棒』は2クールをまたぐロングラン。撮影も1シーズンで7カ月を要する長丁場だ。今夏に出産する仲間が10月からの放送で復帰する可能性は低い。

社美彌子役は、そのまま残すでしょうが5代目相棒への起用はないでしょうね。これまでの“相棒”の任期は、初代の亀山薫役の寺脇康文を除けば大体3シーズン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.