くらし情報『岩田剛典×土村芳に「愛することとは?」と聞いてみたら、即答で返ってきた言葉』

岩田剛典×土村芳に「愛することとは?」と聞いてみたら、即答で返ってきた言葉

2018年3月14日 18:00
 

関連リンク

・“続編”とは異なる“その後の世界”描くドラマが好調、原作ファンの拒絶回避に
・ディーン・フジオカ 逆輸入3年…主演続く現状は一過性のもの
・Spotifyで独自新機能、音楽の世界を広げる「Discover Weekly」とは?
岩田剛典×土村芳に「愛することとは?」と聞いてみたら、即答で返ってきた言葉
土村芳岩田剛典撮影/廣瀬靖
公開前は関係性がネタバレになってしまうため、許されなかった2人への取材。それが今回、特別に行われることに……!

岩田「お久しぶりですね!あれ、髪切りました?」

土村「え、そんなに切ってないのによくわかりましたね!(笑)」

会うのは映画の打ち上げ以来らしく、お互い第一声が「お久しぶりです!」と、久々の再会を懐かしむ。

今回2人が挑むのは、サスペンス映画『去年の冬、きみと別れ』。スクープを狙う若手記者・耶雲恭介(岩田)が目をつけたのは、1年前に盲目のモデル・吉岡亜希子(土村)を焼死させた猟奇事件の容疑者で天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工)。取材を進めるうちに真相に近づく耶雲だが、木原坂に目をつけられ知らず知らずのうちに罠にはまっていってしまう……。

岩田「何気ない仕草や動作のひとつひとつに意味があって。表現の仕方を少しでも間違えると、ラストがきれいに決まらなくなってしまう怖さの中、結末から逆算しながらバランスをとって演技することがとても難しかったですし、とても勉強になりましたね」

土村「私も今回、初めて視覚障害のある役をやらせていただいて。点字も初めて習ったのですが、すごく難しくて。でも、そういう細かい部分こそ役を表現するためには重要なことだと思っているので、より大切に演じました」

ひとクセもふたクセもあるキャラクターだけど、

岩田「耶雲を演じるにあたり、何をするにも“執着”に近い、行きすぎた感情を秘めた一面を表現させていただきました。一途な気持ちを常に持っていられるのは、本当にすごいことだなって思いましたね」

土村「私は共感というより、亜希子には頭が上がらないほど尊敬していて。彼女は、愛するがゆえに“離れられる強さ”を持っている人。それは私にはできないなって思います」

木原坂という人物に出会ったがゆえに運命の歯車が狂ってしまうが、2人にとって人生を変えた出会いは……?

岩田「人だったり物だったり、人生を変えた出会いって思い返すとたくさんあるなあ……。でも、最初はやっぱり映画『RIZE』ですね。公開当時、そんなに多くの映画館ではやっていなかったんですけど、その映画がきっかけでダンスを始めたんです。だから、この映画を見ていなかったら僕は今ここにいないといっても過言ではないくらいです」
土村「私は“これ!”っていう、明白なターニングポイントがあるわけではないんですが、お芝居をやりたいって思ったのは小さいころ地元でやっていた劇団の楽しい思い出があったからなんですよね。大学進学するときに、自分のやりたいことって何だろうって突き詰めたら、真っ先にその記憶が浮かんだことがきっかけで、今こうしてお芝居を続けられているのかなって」

登場人物それぞれに“愛する人”がいて、さまざまな愛の形が表現されているが、2人にとっての“愛すること”とは……?

岩田「思いやりです!」

土村「即答できるなんてすごい……!」

岩田「いやいや、全然そんなことないですよ(照)」

土村「正直、私はまだ答えが見つかっていなくて。“愛してるからこそ、どこまで相手のためにできるか”ってことを、この作品を見た方は絶対に考えてしまうと思うんです。私も、映画を見終わってしばらく言葉が思いつかないくらい考えさせられて。むしろ、見終わった方々にそれぞれの答えを教えていただきたいです(笑)」

岩田「僕は、自分がされて嫌なことは、相手にもしちゃダメだなって思っていて。些細なことでも、例えば連絡が遅かったり、久々に会えたのにずっと携帯をいじっていたり。そういうのって思いやりが足りていないなって。“他人”じゃないんだから、互いに思いやりを持って接したいし、接してほしいですね」

■2人の“秘密”を聞いてみました

岩田「実は……意外と健康に気をつけています」

土村「意外じゃないですよ!?(笑)」

岩田「あれ、意外じゃない?(笑)。ご飯とかも、OLが食べていそうなサラダとか野菜中心のものばっかり食べてますね」

土村「逆に私は、たまにですが暴飲暴食を……」

岩田「え、それは意外!(笑)」

土村「食べないときは1日1食、食べるときは1日5食くらい食べることもあって」

岩田「えー!確かにそれはすごい秘密ですね(笑)」

【プロフィール】

いわた・たかのり◎1989年3月6日生まれ。EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー。2016年には映画『植物図鑑 運命の恋、拾いました』で初主演し、俳優としても活躍。代表作にドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』や映画『HiGH&LOW』など多数。つちむら・かほ◎1990年12月11日生まれ。2012年に映画『カミハテ商店』で映画デビューし、舞台やドラマなど幅広く活躍。朝ドラ『べっぴんさん』でヒロインの親友役を演じ、注目を集める。主な出演作にドラマ『恋がヘタでも生きてます』や映画『何者』など多数。

<出演情報>
『去年の冬、きみと別れ』(全国公開中)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.