くらし情報『「天使すぎる鳥」「雪の妖精」と話題沸騰中! シマエナガちゃんを知っていますか?』

「天使すぎる鳥」「雪の妖精」と話題沸騰中! シマエナガちゃんを知っていますか?

2018年3月26日 12:00
 

関連リンク

・鈴木亮平と学ぼう! 海外旅行でリアルに役立つ3フレーズ
・ジャニーズが二宮和也に課した過酷な「ブラックペアン」視聴率
・菅田将暉、“頭の上がらない先輩”は綾野剛 男前すぎるエピソードが話題
「ねえ、なにしてるの?」とたずねているようなシマエナガの表情。「もちろん、君に会いに来たんだよ!」って答えたい!写真提供/小原玲
真っ白、フワフワ、つぶらな瞳……。

「雪の妖精」「白い恋人」「天使すぎる鳥」などと呼ばれ近年、話題となっているのがシマエナガだ。北海道にのみ生息し、体長14センチ、体重8グラムほどで、スズメよりも小さい。しかも体長の半分が尾っぽで、胴体の部分だけだと日本最小の鳥とされている。

まさに、「可愛い」「癒される」につながる強力ワードのみで構成された存在!パンダのシャンシャンに手ごわいライバルが出現!?北海道に行かなければ会えないけれど、写真や動画、カレンダー、ぬいぐるみなどを目にしたことがある人もいるのでは?

「仕事や育児、介護などで毎日、忙しくしているとうかがえる、女性たちからの反響の声がとても多いですね。“自分が癒されると思って買ったら、子どもがとても気に入ってしまい、家族で眺めている”といった感じです」

こう語るのは、シマエナガの知名度を上げるきっかけとなった写真集『シマエナガちゃん』(講談社刊)の作者であるカメラマンの小原玲さん。現在、第2弾まで出ているというこのシリーズ、人気アイドルと肩を並べるほどの売れ行きを見せているのだとか。

写真週刊誌の専属カメラマンを経て報道写真家を続けていた小原さん。「可愛い」や「癒される」とは正反対の路線を歩んできた小原さんが、シマエナガと出会ったきっかけとは?

「実は、シマエナガの前に、アザラシの赤ちゃんに恋をしていたんですね(笑)。報道写真とともに25年以上、アザラシの赤ちゃんも撮り続け、それとともに地球温暖化の現状も目撃してきました。ついには数年前、エルニーニョ現象による暖冬で予定をしていたアザラシウォッチングができなくなってしまった。そんな折、知り合いから北海道でアザラシの赤ちゃんに似た小鳥を撮影できると聞いて。現地に向かって超望遠レンズでのぞいた際、クリッとした瞳にやられてしまいました。一目惚れでした(笑)」

確かに写真集『シマエナガちゃん』からは、小原さんがシマエナガを愛(いと)しむ気持ちが見て取れるよう。

「私はアザラシの赤ちゃんに恋して“この子たちを守りたい、だから自然を守りたい”という思いが湧き出てきました。講演会などでも、それを伝えるようにしています。多くの人たちにシマエナガに恋をしてもらって、現在の地球環境の現状にも興味を持ってもらいたいと思っています」

好きな存在に癒され、かつその存在のために何かをしたい――。恋心を呼び起こすなんて、シマエナガちゃんはまさに天使!

北海道で暮らす小鳥・シマエナガの愛らしい姿を収めた写真集『シマエナガちゃん』(講談社刊・税込み1404円)※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
続編『もっとシマエナガちゃん』(講談社刊・税込み1404円)※記事の中の写真をクリックするとアマゾンの紹介ページにジャンプします
<プロフィール>
小原玲(おはら・れい)さん◎1961年生まれ。大学卒業後、写真誌の専属カメラマンを経てフリーランスの報道写真家に。『LIFE』、『TIME』、『Newsweek』など世界中の雑誌で活躍する。近年はアザラシやシロクマ、ホタルなどの動物写真家として知られる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.