くらし情報『NHK『ガッテン!』が検証、低糖度ジャムが甘さ控えめなのに激うまな理由とは』

2018年3月27日 17:00

NHK『ガッテン!』が検証、低糖度ジャムが甘さ控えめなのに激うまな理由とは

ジャムはおいしいけど糖分が多いし、パンにつけるくらいしか食べ方のバリエーションがないという方、必読!糖度を抑えた、料理にも使いやすい「低糖度ジャム」をご紹介!

■健康にうれしい「甘さ控えめ」

年齢・性別を越えて、人々に愛されている甘~いジャム。でも、糖尿病をはじめとする生活習慣病やダイエットが気になる人にとっては、高糖度のジャムは「とりすぎ注意食品」のひとつではないでしょうか?

最先端の科学とユニークな実験で、日常の疑問を徹底的に調査するNHKの人気番組『ガッテン!』では、甘さ控えめなのにとってもおいしい「低糖度ジャム」の作り方をご紹介しました。

ジャムはJAS規格で「糖度40度以上のもの」と定義づけられています。糖度40度というのはかなりの甘さですが、たくさんの砂糖を入れるのには製造上の理由があります。

■ジャムの粘りのもとは「ペクチン」

果物や野菜を加熱すると、細胞壁が壊れて「ペクチン」という食物繊維が出てきます。ペクチンは素材の持つ糖と酸によって固まり、粘りを作り出しますが、ジャム特有の粘りを出すためには、さらに砂糖を加えて煮る必要があるのです。

そもそもジャムは、秋にとれた果物を冬までとっておく保存食として生まれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.