くらし情報『斎藤工が『BG』打ち上げで「普通のオッサン」になった日』

斎藤工が『BG』打ち上げで「普通のオッサン」になった日

2018年3月27日 05:00
 

斎藤工が『BG』打ち上げで「普通のオッサン」になった日
菜々緒
3月中旬に都内の宴会場で行われていたのは、木村拓哉主演のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の打ち上げ。

「木村さんが演じたのは警備会社に勤めるボディガード役。武器を持たず丸腰で人を守るといった設定のため、激しいアクションシーンも見どころで、最終回は全話最高となる17・3%の視聴率をマークしました」(テレビ誌ライター)

木村の同僚役を演じた斎藤工や菜々緒、ほかにも満島真之介宇梶剛士といった豪華共演陣も打ち上げに参加したが、何と木村はスタッフが来る前に会場入りするほどの気合いの入れようだった。

「宴は大盛り上がりで、200人以上のスタッフが集まりました。なかには木村さんがスタッフ、キャスト全員にプレゼントした『BG』のロゴ入りスタジアムジャケットを着てくる人もいましたね。会場もドラマにちなんで“日ノ出警備保障”の名前で予約されていました」(会の参加者)

会場では、ひっきりなしにスタッフから写真撮影を求められるなど、大人気の木村だったが、常にその側をロックオンしていたのが、斎藤だったという。

「斎藤さんはドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の大ファン。今作でロンバケ以来22年ぶりに木村さんと山口智子さんが共演したときも、ひとり大興奮していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.