くらし情報『アニメ映画『この世界の片隅に』の連ドラ化で、気になる「すず役」候補の名前』

アニメ映画『この世界の片隅に』の連ドラ化で、気になる「すず役」候補の名前

2018年3月28日 16:00
 

関連リンク

・坂本美雨の2歳愛娘と飼い猫 「絵本みたい」な仲良しショット
・神田沙也加、菊田一夫演劇賞で涙のスピーチ「自分で選んだ大好きな道」
・叶美香、大胆な“魔法使い”コスプレ披露「セクシーな体操着というテーマ」
“最強タッグ”再び?
ロングランヒットしたアニメ映画『この世界の片隅に』(片渕須直監督)が2018年夏、連続ドラマとなって実写化されることになった。

しかし、漫画家のこうの史代さんが同作を連載していた『漫画アクション』(3月20日発売)でドラマ化は発表されているものの、放送局やキャストなど詳細については明かされていない。

戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に18歳で嫁いだ少女・すずが戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を描いた同作は、日本アカデミー賞最優秀作品賞や毎日映画コンクール日本映画優秀賞など数々の賞を受賞している。

11年には北川景子主演で終戦記念スペシャルとして日本テレビ系で実写ドラマ化された。

こうのさんは「連続ドラマは連載マンガととても近い形の映像化だと思います。実写ならではの要素も楽しみです!」とコメントを寄せているが、連ドラ化のニュースにネット上では、早くも主役すずのキャスティングについて話題を集めている。

「ネットでは映画で声優をつとめたのん推しの声が圧倒的です」と話すのは、テレビ誌記者。

「他にも黒木華吉岡里帆杉咲花有村架純、すずの夫・周作役には、二宮和也山崎賢人佐藤健福士蒼汰などの名前が挙がっています」(同記者)

のんは2016年から本名の能年玲奈から現在の名前で活動しているが「独立騒動の影響もあってか、なかなか女優として活躍する場に恵まれていません」(スポーツ紙記者)という。

「今回のドラマ化で抜擢されればファンにとってはうれしい限りです。現段階では何も明らかにされていないので詳しいことは分かりませんが、7月クールといえばTBSでは『逃げ恥』の続編を放送するともいわれています。そうなれば『この世界~』は、その裏にぶつけてくる可能性が高いでしょう」(テレビ誌記者)

一方では「“のんと一緒に小泉今日子が出演する”という噂まで出ている」(スポーツ紙記者)といった仰天情報まであるようだ。

「のんと小泉といえばNHKの『あまちゃん』で親子を演じ、さらにのんの独立騒動の際も小泉がいろいろと相談に乗りバックアップしていましたからね。2人とも今は独立しましたから、自由にタッグを組んで活動できますが……」(同スポーツ紙記者)
いずれにしても、これだけの人気作品のドラマ化は今夏の話題をさらいそうだ。

<取材・文/小窪誠子>

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.