くらし情報『『みんなのうた』七尾旅人のあの曲は “身近な人の自死” から生まれたものだった』

『みんなのうた』七尾旅人のあの曲は “身近な人の自死” から生まれたものだった

2018年3月26日 16:30
 

『みんなのうた』七尾旅人のあの曲は “身近な人の自死” から生まれたものだった
シンガー・ソングライターの七尾旅人
NHKの音楽番組『みんなのうた』で放送中の曲が話題を集めている。シンプルなメロディーに語りかけるようなやさしい歌声。聞く者の胸を打ち、「涙が出る」「せつない」「悲しいけれど心が温かくなる」などの声がSNSを飛び交う。とりわけ、母親や子どもたちに静かな感動が広がっている。

この曲、『天まで飛ばそ』を手がけたのは、シンガー・ソングライターの七尾旅人。自身の作品が『みんなのうた』で流れることは、昔からの夢だったと話す。

「『みんなのうた』は伝統と歴史のある番組。戦後の日本人にとって、心の原風景を形作る要素でもあったと思います。僕自身、子ども時代から好きでしたし、ずっと関心がありました」

古くから大衆に受け継がれてきた無数の曲がある。歴史のなかで自然に生まれて、広く共有されてきた名もない歌がある。ポピュラーミュージックに携わりながらも、民謡や童謡、唱歌といった「ポップス以前の音楽も好きだった」と語る七尾にとって、歌の意味を問い直すときに思い出す存在――、それが『みんなのうた』だった。

「何万年も前から人は歌っていて、いまのように産業化するよりも昔から、音楽に触れるためのいろいろな経路を持っていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.