くらし情報『石田純一はバブルに救われた男「もう少し早く生まれていたら、売れていなかった」』

2018年4月1日 12:00

石田純一はバブルに救われた男「もう少し早く生まれていたら、売れていなかった」

バブリーなファッションに身を包み、登美丘高校ダンス部が踊る『ダンシング・ヒーロー』の“バブリーダンス”や、芸人の平野ノラのバブルネタが注目を集め、次期朝ドラ『半分、青い。』は’90年代が舞台。日本中が元気で明るい未来しか見えていなかった’80~’90年代初頭を、モノや流行、出来事などで振り返ると、 今の時代が見えてくる──。

■「僕はバブルという時代に救ってもらったのだと思います」

カーディガンの“純一巻き”を筆頭に、バブル期におけるトレンドの第一人者であった石田純一(64)。トレンディー俳優として人気役者の仲間入りを果たし、現在まで多岐にわたり活躍を続けている。そんな石田が「あの時代じゃなかったら、僕は輝けずに売れないままだったと思う」と回想する、意外な真意とは?

石田純一はバブルに救われた男「もう少し早く生まれていたら、売れていなかった」
石田純一
「いつしかプロデューサー巻きが、純一巻きって呼ばれるようになったけど、流行らせようと思って巻いていたわけではないですよ(笑)。僕は昔から取り入れていたから、“なんで今ごろ?”って不思議に思ったくらい。でも、あの当時は確かに真新しい文化が次々と流入した時代だったと思う。実は、トレンディードラマの現場もそうだったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.