くらし情報『ジャニーズ事務所、“ネット解禁”2か月経過でもやっぱり変わらないこと』

ジャニーズ事務所、“ネット解禁”2か月経過でもやっぱり変わらないこと

2018年3月31日 21:00
 

ジャニーズ事務所、“ネット解禁”2か月経過でもやっぱり変わらないこと
ジャニーズショップ原宿店
1月31日にジャニーズ事務所がウェブ媒体における写真掲載を許可、いわゆる“ネット解禁”に踏み切ってから2か月が経過した。

当初は“常識を覆す重大発表”“歴史的改革”と、大事件のように扱われたが、実際のところ何が変わったのか。

「これまでもジャニーズは、“アナログ”から徐々にデジタル化を進めてきました。事務面では、各コンサートでのデジタルチケット導入や、ファンクラブ入会も限定的ながらウェブでできるようになりました。そして営業面においてもネット事業を推進してきました」(スポーツ紙記者)

近年では、ジャニーズタレントが出演する各番組HPでの写真使用が緩和されてきた。昨年11月にはジャニーズWESTがネット配信ドラマに出演し、3月21日には動画配信サイト『YouTube』で『ジャニーズJr.チャンネル』がスタート。チャンネル登録数はすでに20万件を超える人気コンテンツとなっている。

そんな中での“改革”だったのだが、いまだ解禁されていないウェブ媒体もある。

「ジャニーズを表紙に起用するテレビ誌やアイドル誌、映画誌やファッション誌などは、今なお不自然な白抜き、またイラストで代用されたまま。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.