くらし情報『芸能人のクルマ事情、写真誌カメラマンも“ビックリ”な高級車に乗る女優』

芸能人のクルマ事情、写真誌カメラマンも“ビックリ”な高級車に乗る女優

2018年3月30日 04:00
 

関連リンク

・フィフィ、福田元事務次官のセクハラ疑惑に「指摘すべきはそこじゃない」
・平田裕一郎×牧田哲也、家族旅行に同伴の親密ぶり「親に恋人だと思われてるんじゃ」
・乃木坂46白石麻衣「世にも奇妙な物語」でドラマ単独初主演 歓喜&祝福の声殺到
*写真はイメージです
言い古された話ではあるが、昔から芸能人の成功の証、ステータスといえば豪邸と高級車。それは今でも変わりないようだが、車に関しては以前と傾向が変わってきている。

「ポルシェやベンツ、BMWなど、いわゆる高級外車を所有している人は相変わらず多いですが、最近は“旧車”と呼ばれる古い車に乗る人が増えています。

また独自の改造を施したカスタムカーに乗る人もいて、芸能人の車の趣味も幅が広がりました」(カー雑誌ライター)

“旧車”はヴィンテージカーまで古いものではなく、20~25年前に作られた車。国産車もあるが人気があるのはアメ車。“旧車”ブームは、いま得にお笑い芸人の間で巻き起こっていて、

ケンドーコバヤシは73年式のトヨタ・クラウン、千原ジュニアは79年式の日産・セドリック。『バイキング』の小峠は60年代後半に作られたシボレー・ノヴァ、じゅんいちダビットソンは65年式シボレー・シェベルマリブ。

現在は手放したようですが『キングコング西野亮廣は68年式フォード・ムスタングに乗っていました」(写真誌記者)

若手だけではない、明石家さんまも、

「普段の足としてはベンツのゲレンデヴァーゲンに乗っていますが、ほかに所ジョージからプリムスバラクーダを譲り受けたそうです」(前出・カー雑誌ライター)

こんな車に乗っていたら目立ってしょうがない、と思うが、お笑い芸人は芸能人の中でも特に目立ちたがり屋が多い。見られることが快感なのは間違いないだろう。

だが、こだわりの車に乗っているのはお笑い芸人だけではない。

「普段乗りではないでしょうが、草なぎ剛は69年式のシボレー・C10というピックアップトラックを持っています。

ムロツヨシ賀来賢人蒼井優は旧型のトヨタ・ランドクルーザーに乗っています。また伊勢谷友介は、改造に1000万円はかかっているだろうと思われるトヨタ・ハイエースのカスタムカーに乗っていますね」(前出・写真誌記者)

確かにこだわりがあるように見えるが、それでも、なるべく目立たないようにはしているようだ。そこはお笑い芸人とは大きく異なるところ。

だが、そんな中で、こんな目撃情報も。

「マットブラックという艶消し塗装をされたBMWで、都内を疾走している沢尻エリカさんを見たことがあります。滅多に見ることがない車なので、目立つことこの上ない(笑)。すぐにわかりましたよ」(写真誌カメラマン)

やはり“エリカ様”はちょっと違う⁉

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.